2009年02月06日

女性に人気の医療事務の求人

最近、医療事務の求人をよく見かけます。どんな内容の職業が、働く女性の注目の的となっている医療事務というものなのでしょうか。性別や年齢に左右されず、その専門性を生かして自分に合った就業形態を選べる点に、そもそも医療事務の魅力があるといえます。この医療事務の場合は、求人情報もいろいろあります。例をあげると、午前中だけのパート勤務も受付業務のみに絞れば可能ですし、レセプト業務のみを視野に入れれば短期の臨時職員という求人募集も存在します。出産や育児を機に休業せざるを得ない女性にとっては、まさに打って付けの職業の1つである医療事務です。そして旦那さんの急な転勤なども既婚の女性であればあり得ますが、そのような場合の転職にも医療事務の資格は大変有利です。日本全国どんなところでも、医療事務の求人はかなりあるようです。女性の求人に関して、医療事務は女性向きの職業であるといえますし、一生使える資格だといえるかもしれません。業務内容は医療事務の場合どんなものかというと、受付ならば外来患者の応対やカルテの管理、会計処理が中心です。そして大まかな医療事務のレセプト業務の内容は、診療報酬の計算及びレセプト書類の作成、審査支払機関への請求などになります。医療事務の仕事といっても勤務先の病院によっては仕事内容が異なる場合もありますので、事前の確認が大切です。求人情報をきちんとチェックしたり、実際の面接時には尋ねてみるようにしましょう。
posted by ritsu1226 at 18:40| Comment(58) | TrackBack(0) | 転職・就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

女性が働きやすい求人企業

女性の求人を募集する企業の割合は、少子高齢化により労働力が少なくなっている傾向にある現代社会において、ますます多くなっています。いままでは、人事担当者の意識として女性は事務職であるというものが主でしたが、それが変わってきて女性の雇用が考え直されているといいます。最近求人情報誌を広げると気がつくのは、管理職や営業職の女性需要が増えてきているということです。数多く存在する求人情報の中から、女性が働きやすい企業の求人情報を見つけるにはどんな方法があるのでしょうか。まずは、募集をしている求人会社内で働く女性が稀有な存在として扱われていないか調べてみましょう。WEBページで、求人企業の先輩社員のメッセージなどを読むというのも良い方法です。自分の希望する求人企業に一度訪れてみるのがいちばんなのかもしれませんが、写真や文章からも案外企業の様子は伝わります。働く女性の為のサポート制度も注目すべき点です。出産や育児中に有効な制度の有無だけでなく、それらの女性向けの制度の活用状況についても詳しく知ることが大切です。もともと求人情報には記載されていなかった部分が、採用後に問題にならない様に充分検討することが大切です。女性を対象とした制度を調べるだけではなく、制度を利用しない人への待遇も注意すべき点です。制度上出産や育児をする女性だけが優遇されている場合、一方的に制度を利用しない人達が大変な思いをするという事もあるでしょう。女性を対象とした制度利用による職場の雰囲気も、女性が働きやすい求人企業かどうかを判断する対象となります。
posted by ritsu1226 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職・就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

短期の仕事のデメリット

最近短期の仕事は人気を集めているようですが、デメリットは無いのでしょうか。まず短期の仕事のデメリットとしては、スキルを磨くという事ができないことです。ほとんどの仕事がその場限りの仕事だからです。加えて仕事における人間関係はその人にとっては、家族や友人だけの気楽なものだけになる可能性があります。職場の人間関係は希薄になってしまうからです。もしかしたら将来人間関係で苦労してしまうかもしれませんね。正社員として働くこともあり得るからです。即戦力として社会に出たいのであれば長期の仕事がおすすめです。反対に気分転換で働きたいなら短期の仕事がぴったりでしょう。しかし短期の仕事をしっかりこなすと、再雇用の依頼が来たり、スカウトされて正社員になれる場合もあります。最近の傾向としては、企業側は短期の求人募集の時の方が、長期の求人募集よりも人が足りなくて困っている場合が多いそうです。長期の契約として、正規の社員として採用されることも、短期の仕事とはいえ勤務態度が評価された場合にはあり得るのです。考えようによっては、短期間で仕事が無くなってしまうデメリットがあるとはいえ、いろいろな仕事を試すことができるといえるでしょう。ということは、自分に合った職探しが出来る良い機会を短期の仕事で得ることができるといえるでしょう。何の経験も無しにいきなり正社員になって、その仕事が向いていなかったと次々に転職を重ねては、マイナス評価になってしまいます。あなたの仕事に対する姿勢によって、短期の仕事がデメリットばかりになってしまうのか、デメリットをメリットに変えていけるのかは決まってくるのではないでしょうか。
posted by ritsu1226 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 転職・就職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。